「シェアビジネス」

未来を担う「共有事業」

シェアビジネス

事業を継続する上で必要不可欠なのは、パートナーです。特に小規模企業は単体では中々実現しないこともあります。そこで、あなたに最適なパートナーを見つけ、一緒にビジネスを継続する仕組みを考えます。新たなステークホルダーを巻き込み、「共有事業」をつくります。これにより「人手不足」も「シェア雇用」という形で解消も可能です。合同会社や有限責任事業組合を設立することにより、明確な事業スキームと責任分担も可能です。
#LLC 合同会社 wiki #LLP 有限責任事業組合 wiki

◆費用:月額50,000円 6ヶ月の期間限定 プラス案件報酬の場合あり
シェア