「小さくても、強い企業と経営」

 企業の終身雇用制度が減っていき、コロナ禍で自身の仕事と向き合う人が増えてきた現代社会。フリーランスで働く人や、起業する人も増加しています。
 日本における中小企業数は2021年で、約334万者で、全企業数の99.7%、全従業員の約70%を占めており、経済の中心とも言えます。また中小企業334万者のうち、312万者が小規模事業者であり、小規模事業者は全中小企業者の93%を占める。 内訳としては、個人事業主206万者のうち、205万者が小規模事業者であり、99%を占めます。 そして、法人128万社のうち、107万社が小規模事業者であり、84%を占めています。そんな小さな企業をより強くするため、Small innovationはさらに当社が規定している【Small企業】を中心に、事業活動をしています。

【Small企業】の意義とメリット

1.自己実現を可能にし、個人が尊重される。価値観経営につながる。
2.変化、革新の時代に対応しやすい。
3.資金繰り負担が少ない。
4.事業目的と事業ドメインが明確になる。
5.責任所在が明確になる。
6.ワークライフバランスがとれる。
7.好きなことに集中できる。
8.思考・能力・技術が向上する。
9.Web・デジタル・テクノロジーと密接になる。
10.良質なビジネスパートナーシップが築ける。
Small

Small企業 当社の定義

✅社員 10人以下
✅年間売上1億2,000万円以上を目指し、6億円以下を目安とした企業
✅年間安定して1,200万円以上を自由に使えるお金を捻出したいと考えている企業
✅出資金が代表者100%出資、もしくは代表者権限に100%依存している(オーナー企業や株主=代表取締役など)
✅資本金 3,000万円以下
✅融資額 8,000万円以下
✅設立5年以内

 この中で4つ以上チェックあれば「Small企業」として一緒にイノベーションしています。
「Small企業」に特化することにより、同じ悩みを抱えている人たちへの理解が深まり、良質な業務を提供できると考えています。

 上記のような意義とメリットもあり、Small企業体系はコロナ禍における個人と企業の、発展戦略と捉えています。